nasita.net

利用規約

nasitaを利用した札幌駅前通地下歩行空間「北2条地下広場空間」デジタルサイネージでの情報発信規約

本規約はクリプトン・フューチャー・メディア株式会社(以下「弊社」といいます)が運営する「nasita」(以下「本サイト」といいます)において、弊社が提供する「札幌駅前通地下歩行空間「北2条地下広場空間」デジタルサイネージでの情報発信サービス」(以下「本サービス」といいます)を利用する登録企業・個人・団体と弊社」(以下「利用者」といいます)との間に適用される条件を定めるものです。なお、弊社が別途個別のサービスにおいて利用規約等を定めた場合、当該個別のサービスに関しては、本規約とともに当該利用規約等が適用されるものとし、当該利用規約等の定めと本規約の定めが相違する場合には、当該利用規約等の定めが本規約の定めに優先して適用され、当該利用規約等の定めがない事項については、本規約の定めが適用されるものとします。

第1条(通則)

利用者は、本規約を承諾の上、Twitterアカウント登録を申込み、弊社が承認して掲載した者とします。

第2条(登録手続)

  1. 「札幌駅前通地下歩行空間「北2条地下広場空間」デジタルサイネージでの情報発信」の登録手続は、弊社規定の申請内容を電子メールで通知することをもって行うものとします。代理による登録は当社があらかじめ承認する場合にのみ行うことができるものとします。
  2. 利用者は、「札幌駅前通地下歩行空間「北2条地下広場空間」デジタルサイネージでの情報発信」にあたっては、登録企業・個人・団体自身に関する真実かつ正確な情報を提供するものとします。
  3. 弊社が利用者として承認することを不適切と判断した場合、登録を認めないことがあります。また、承認後であっても不適切と判断した場合、承認の取消し及び掲載の停止を行うことがあります。登録を認めなかった場合及び承認の取消しを行った場合であっても弊社はその理由を開示しないものとします。

第3条(登録情報の取扱い)

  1. 利用者が他の利用者または第三者に不利益を及ぼす行為をしたと弊社が判断した場合は、弊社は登録情報を当該第三者や警察または関連諸機関に通知することができるものとします。
  2. 裁判所、検察庁、警察、税務署、弁護士会、消費者センターまたはこれに準じた権限を有する機関、また弊社に対して秘密保持義務を負う者から、登録情報についての開示が求められた場合は、弊社の権利、信用や財産を保護する目的で情報の一部を開示するものとします。

第4条(登録情報の変更)

利用者は、登録した情報に変更があった場合、速やかに所定の変更の届出を弊社に行うものとします。変更の届出がなされなかったことにより生じた損害については、弊社は一切の責任を負わないものとします。

第5条(著作権等)

利用者は、当社に対して、「札幌駅前通地下歩行空間「北2条地下広場空間」デジタルサイネージでの情報発信」において使用しているコンテンツ(テキスト、グラフィックス、画像およびロゴを含むがこれに限らない)を本サービスの提供に必要な範囲及び態様で利用すること(複製、公開、送信、頒布、譲渡、 貸与、翻訳、翻案を含むがこれに限らない)を予め許諾するものとします。

第6条(禁止事項)

利用者は、本サービス及びTwitterサービスの利用に関して、以下の行為を行ってはならないものとします。

  • 他人の知的財産権(著作権、意匠権、商標権等)その他の権利を侵害し又は侵害するおそれのある行為
  • 他人の財産、プライバシー又は肖像権・パブリシティ権を侵害し又は侵害するおそれのある行為
  • 他人を侮辱・誹諺中傷するなど、他人の名誉又は信用を毀損する行為、若しくはそのおそれのある行為
  • 詐欺、業務妨害等の犯罪行為又はこれを誘発、扇動、助長若しくは幇助する行為
  • 提供者がわいせつと判断するコンテンツ又は文書を提供する行為
  • その他公序良俗に違反し、又は他人の権利を侵害すると判断される行為
  • 勧誘、紹介、斡旋、仲介、その他の類似行為
  • 売買行為、オークション行為、その他の類似行為
  • 自らが行っている事業を広告、宣伝する行為、その他の類似行為、ならびにこれらを第三者に対価(名目、金銭か否か、その価値の多寡を問わない)を支払って依頼する行為
  • 無限連鎖講(ねずみ講)を開設し、またはこれを勧誘する行為
  • コンピュータウィルスその他の有害なコンピュータプログラム等を送信し、又は他人が受信可能な状態のまま放置する行為
  • 札幌市の電気通信設備の利用若しくは運営に支障を与える、又は与えるおそれのある行為
  • サブリミナル効果を意図したコンテンツをアップロードする行為
  • 以上のいずれかに抵触することと知りつつ、その行為を助長する態様でリンクを張る行為
  • その他、提供者が不適切と判断する行為

第7条(本サービスの変更)

当社は、事由の如何を問わずいつでも本サービスの変更または終了ができるものとし、本サービスの変更または終了により利用者又はその他の第三者が損害を被った場合であっても、一切責任を負わないものとします。

第8条(免責事項)

当社は、本サービスの内容、性能、安全性、利用結果についていかなる保証も行わず、利用者が本サービスを利用、あるいは利用できないことによって発生したすべての損害や不利益に対して、一切責任を負わないものとします。

第9条(本規約の改定・修正・変更)

当社は、本規約をいつでも改定することができるものとし、本規約の改定は、改定後の本規約を当サイトに掲示したときにその効力を生じるものとします。この場合、利用者は改定後の規約に従うものとします。

第10条(その他)

本規約は、日本法に基づき解釈されるものとし、本規約に関して訴訟の必要が生じた場合には、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

2011年2月23日

<< TOPへ戻る

(C) Crypton Future Media, INC.